【刑法】論証置き場

不作為犯の実行行為性  この点について、実行行為は構成要件的結果発生の現実的危険を有する行為であり、不作為もかかる危険を惹起できるから、不作為も実行行為たり得ると解する。  もっとも、自由保障機能の観点から、処罰範囲を限定する必要があるので、作為と構成要件的同価値性が認められる場合、すなわち、①法的作為義務があったのにその義務に違反し、②作為が可能かつ容易であったのに作為をしなかった場合に限り、不作為にも実行行為性が認められると解する。 ①判断要素:法的作為義務の有無は、法令・契約・先行行為に加え、       行為者に法益の維持・存続が具体的かつ排他的に依存し       ているか否かを考慮要素として判断 因果関係(不作為ver)  この点について、因果関係は社会通念を基礎とした違法有責行為類型たる構成要件該当性の問題であるから、①条件関係を前提に、②行為時に一般人が認識・予見し得た事情及び行為者が現に認識・予見していた事情を基礎事情として、行為から結果が生じることが社会通念上相当といえる場合に因果関係が認められると解する。/そして、不作為犯における①条件関係は、期待された行為を行っていたら結果が回避可能であったといえる場合に認められると解する。 因果関係  この点について、因果関係は社会通念を基礎とした違法有責行為類型たる構成要件該当性の問題であるから、①条件関係を前提に、②行為時に一般人が認識・予見し得た事情及び行為者が現に認識・予見していた事情を基礎事情として、行…

続きを読む