気温差の激しい季節に、偏頭痛の対処法

偏頭痛の治し方!偏頭痛の原因と対処法

突然やってくるあの「ガンガン」「ズキズキ」に悩まされていませんか?

偏頭痛はごく一般的に見られる持病なので、何十年も悩まされ続けている人もいるかもしれません。

また、普段はそれほど気にはならないものの、疲れが溜まったり、季節や天候の変化によって症状が発生する人もいるでしょう。

この記事では、こうした偏頭痛の治し方についてお伝えしていきます。

一刻も早く「ガンガン」「ズキズキ」から解放されて、気持ちの良い日常を取り戻しましょう!
05.png

【偏頭痛が起こる原因】

偏頭痛の原因で一般的に多いのが、頭部の血管の膨張によるものです。

なんらかの理由で頭部の血流が増大し血管が膨張すると、その周囲を取り巻いている脳の最も大きな神経である三叉神経が圧迫され、刺激を受けます。

そして、この刺激により痛みを引き起こす炎症物質が放出され、血管の周りに炎症が起こり、頭痛が発生するのです。

ただし同じ頭痛でも、偏頭痛ではなく肩や首などの筋肉のコリが原因で発生する「緊張型頭痛」である場合もあります。

頭痛が起こったときは、頭が熱くなり血流の増加によって発生する偏頭痛なのか、それともコリなどの筋肉の緊張によって発生する緊張型頭痛なのかを判別し、それぞれに適した処置を行うようにしましょう。



☆即効性の高い偏頭痛を治す方法☆

「冷やす」

偏頭痛に対して最も即効性が高いのが「冷やす」という方法です。

頭部を冷やして膨張した血管を収縮させることで、頭痛を抑えることができます。

冷やす部分は、偏頭痛が起こっている箇所、もしくは首の後ろが良いでしょう。

首の後ろには太く長い頸動脈があり、そこを冷やすことで頭部に送り込まれる血液を冷やし、頭部全体の血管を収縮させられます。

注意点として、逆に頭を温めるのは控えてください。頭部の血管が温まりさらに拡張してしまうと、頭痛が悪化する可能性があります。

偏頭痛が起きた日は、入浴時間を減らしたり、ドライヤーを使わないなど、血管を温めないように気をつけるようにしましょう。

また、頭痛の種類が「緊張型頭痛」である場合、偏頭痛とは逆に温めることによって症状が改善され、逆に頭部を冷やすことで症状が悪化してしまいます。

症状を見極めた上で、対処するようにしてください。



「はちまきを巻く」

対処療法的に偏頭痛を抑えたい場合、おすすめなのが頭にハチマキを巻くという方法です。

ハチマキを巻くことで頭部の血管を圧迫し、血液の流れを停滞させることで頭痛を鎮めます。

ハチマキの他にも小さめのハンガーの輪の中に頭を入れたり、針金や紐状のもので頭を縛ったりする方法もあります。

また、こめかみにある血管を指で圧迫することも効果的です。

さらに、アイスノンベルトなどの帯状になっている保冷剤を頭に巻くことで、血管の圧迫と冷却を同時に行うことができます。



「腹式呼吸を行う」

偏頭痛の原因である自律神経の乱れを改善するために、腹式呼吸を行ってみることもおすすめです。

腹式呼吸には自律神経を整える効果があり、頭痛を完全に治すとまではいかなくとも、ある程度抑えることが期待できます。

腹式呼吸の方法は、まずへそのあたりに力を入れ、4〜5秒かけて鼻から空気を吸い込み、吸う時間の2倍(8〜10秒)の時間をかけてゆっくりと息を吐き出します。

これを何回か繰り返し、気持ちや呼吸、脈拍などが落ち着いてくるのを待ちましょう。



「静かに休む」

自律神経の乱れが原因で偏頭痛が起こっている場合、休息を取ることは非常に有効な対処法となります。

体を休めて副交感神経を活発化させることにより、交感神経を鎮めることが可能となります。

ただし、休息を取るときは事前にカフェインなどを摂取しておき、眠ってしまわないように注意しましょう。

完全な休眠状態になってしまうと体がリラックスし過ぎてしまい、血管が拡張されるため、さらに頭痛が悪化する可能性があるからです。

多くの人が体験したことがある寝起きの頭痛も、こうした原理によって発生しています。



偏頭痛を治す食べ物(栄養素)を摂ろう
~サプリで薬に頼らない体つくりを~


困ったことに、偏頭痛のズキズキは急にやってくることがほとんどですよね。

そんな突然の偏頭痛に悩まなくなるためには、日々の生活で栄養素に気をつけながら、体質を変えていく必要があります。

そこでおすすめなのが、ズキラックというサプリです。薬に頼らずに偏頭痛を根本的に予防・改善するために開発されました。

頭痛予防に有効な8種類の自然系素材(マグネシウムや漢方成分など)が、偏頭痛体質から卒業するサポートをしてくれます。

実際に、偏頭痛のサプリのなかでも評判は良く、

「飲み始めて鎮痛剤を持ち歩かなくなった」
「一週間で頭の重みや、違和感が少なくなった」
「サプリを飲むのを止めたら、また偏頭痛が起こった」

など、効果を実感している人も多いようです。

公式サイトから注文すると10日間の返金保障もついてくるので、気になる人はチェックしてみましょう。


>>>「ズキラック」公式サイト<<


「ビタミンB類」

偏頭痛を抑え、改善していくために良い働きを持つ栄養素としては「ビタミンB類」が挙げられます。

実は、偏頭痛はどちらかと言うと肥満体質の人に多いと言われています。

これは体内の脂肪が酸化して過酸化脂質となり、それが頭部の血管の細胞を傷つけ炎症を起こすことによって偏頭痛が発生するためです。

これに対しビタミンB2は、過酸化脂質の生成を抑制し、結果として偏頭痛を予防する効果があります。

また、ビタミンB2やB6は自律神経の過剰な働きを抑える作用もあるため、自律神経の乱れによる偏頭痛を予防することも期待できるでしょう。

ビタミンB類を多く含む食材としては、レバーなどの内臓肉やマグロ、カツオなどの赤身魚、その他に豚肉、納豆、アボカド、牛乳などがあります。

ビタミンBはサプリメントからもほとんど副作用なく摂取することが可能です。

対処法を知っておくと、役立つかもしれません。
気温差の激しい季節に起こりやすい偏頭痛を乗り切りましょう!!

この記事へのコメント